スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FlashCC 9

・フレームをペーストして上書き
やっぱあんまり便利じゃなかったので従来のペーストに戻した。


FlashCCで作ったファイルを下位バージョン(CS5.5~CS6)で開くと
シンボルが壊れることがよくある。
中身が空っぽになっていたり、シンボル名末尾が文字化けのようになったり。

最近この原因が判明した。
シンボル名末尾に半角スペースが入っていると、壊れる。
他にも原因があるかもしれないが、
手持ちのファイルはこれで問題なく下位バージョンでも開けるようになった。
スポンサーサイト

FlashCC 8

Flash Professional CC 2015年リリース – ボーンツールなどが復活

・フレームをペーストして上書き
こんな便利機能が追加されていたとは!
今回一番うれしい機能かも。

・選択範囲を反転
これもなにげに便利そう。

FlashCC 7

なんとなくCCのアップデートをかけたら、2014バージョンが消えてしまった!
設定は引き継いでるからまあいいか…

Flash CC 2015の嬉しいところ
・タイムライン幅のリセットボタンが付いた(前からあったかも…)
・パネルがロックできるようになった(前からあったかも…)
・うっかりパネルをドラッグしても、そのまま戻せるようになった。

Flash CC 2015の困ったところ
・線グラデがドラッグで引けなくなった。なぜ!?
・Photoshopからコピペできなくなった(Photoshop側の問題?)←かなり不便
・サウンドのストリーミングバグ(どこで再生しても頭から鳴り始める)が直っていない。←死ぬほど不便

ボーンツールとかは…まあ使うことはないだろう。。

ストリーミングのバグは早く直してほしい。
エンター連打するのはもう疲れたよ。
(前回追加されたサウンドのカット機能で分割すれば、なんとなく回避できるようにはなった)

FlashCC 6

ステージの拡大/縮小(虫眼鏡ツール)で固まるFlashCCの図。
flashcc_freeze01.png
割りとよく起こる。
あとタイムラインの移動でもたまに固まる。
とても困る。

FlashCC 5

タイムラインで、ストリーミングにした音声を途中から再生しても
頭から再生されることが多い。なんだこれー。

FlashCC 4

・スポイト→塗りの反応が遅い。ちょっとイラッと来る。

・上書き保存が遅い。

・ショートカットをたくさん登録した。
 Shift+ZとかShift+Xとか押しやすい所がいっぱい登録できるので
 F5やF6ともおさらばだ。

・CSの時からだけど、シンボルの同期設定が面倒くさい。
 昔のように自動的に同期してくれるオプションが欲しいなあ。

FlashCC 3

レイヤー選択→Delが効かない。BSは効く。

FlashCC 2

48kのwavが読み込めるようになっていた。
(自動的に44kに変換されるようだ)

大量のwav → FlashCCに読み込み → FlashCS5.5(現在のメイン)で開く

で効率アップ!

FlashCC

FlashCCのいいところ

・作業エリアが無限に!
これでパースの消失点を見失わずに済む。
HDサイズの作業もしやすくなるかな。
(といってもいつもハーフサイズで作って最後に拡大してるけど)

・ショートカットの設定が柔軟に!
CS6までは、メニューコマンドにはCtrlを含めないと登録できなかったが、
今回はShiftやAlt単体の組み合わせでも登録できる。
「Shift+Z」「Alt+A」など。
今まで空きがなくて泣く泣く登録できなかったコマンドも、好きなだけ登録し放題!
…その代わり、スペースキーとTabキーがショートカットに使えなくなってしまった。
(これが地味に痛い)

・64bit化!
処理速度はかなり上がった。
昔作ったクソ重たいファイルも画質落とさずタイムラインで再生できる。
安定感は使い込んでいないのでわからない。
(現役はCS5.5)

・起動が爆速に!
CS6より10秒くらい早いと思う。

・完璧?なビデオ書き出し!
ビデオ書き出し(mov)はMCやAS含め完璧に再現されるらしい。
まだ自分では試していないけど(ASは3になって完全に諦めた)。
いままでswfかPNG連番しか使ってこなかったけど、フィルターかけて中身の動くMCなんかを作っても
ちゃんと書き出せるのはいいね。

テスト

iPhoneから投稿テスト。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。